ガーナの物価(スーパーでの買い物関係) ~とある駐妻のガーナだより4通目~

スポンサーリンク

前回紹介した野菜・果物の物価に続いて、スーパーで買い物をしていて気づいたもの並べてみました。

安すぎるベーカリー 約4GHC(約100円)

食パンはめちゃ安くて1キロ約100円。

ただ、1キロはガーナの家族用なので、せめて半分で売ってもらいたい。

1キロ食パンは冷蔵庫で保管していますが、結構切る際、ポロポロというかボロボロ落ちてくるし、結構パサパサになるので、日本人の好きなしっとり感がほし~な。

 

特にビールが安い 約5GHC(約125円)

飲料関連で、水は1.5Lで1GHC(約25円)からで買えるのでこれも安いですが、お酒も意外と安いです。

ガーナにはビール会社が2つあって、made in Ghanaなので1瓶(750ML)1GHC(約125円)~で買えます(最近値上がりしました)。

ワインも南アフリカからの輸入が豊富で、おいしいワインが1,000円以下で買えたりします。

お酒好きにはいい国ですね。

 

2,000円の高級インスタントコーヒー

コーヒー飲まない人には、別にな話かもですが。

ガーナはコーヒーを飲む文化ではないし、生産もしていないのでインスタントコーヒーしか売っていませんが、これがインスタントなのに高級品なんです。

 

例えば、どこの国に行っても見かけるネスレ。

日本でもネスレのインスタントコーヒーはよく見ますが、このガーナにおいては約80GHC(約2,000円)します。

 

インスタントでそんなにするのなら、豆かってきて飲んだほうが全然いい!と思い、手動のコーヒーミルを日本から持参し、豆もエチオピアやタンザニアに行った際に買ってきました。

スポンサーリンク

 

じゃ、ガーナ人は嗜好品では何飲むの?と、聞いてみると多い答えが「ミロ」。

そう、あのネスレのミロです。

ミロは300円くらいで1缶買えるようですね。

紅茶もそんなに高くないので、お手伝いさんは結構甘くして飲んでたりします。

 

コスパ悪っ!トイレットペーパー

ここでちょっと言いたい。コスパ悪いモノ!

それは、トイレットペーパー

トイレットペーパーの芯が日本より大きくて、さらにロールの仕方もかなりゆるゆるのため、本当すぐなくなります。

8ロールで300円~くらいで、その値段だといいんじゃない?と思うかもですが、この8ロールの量は、私的には日本の6ロール行くかどうかの量だと思います。

 

日本とあまり変わらない価格のモノ

洗濯用洗剤や食器用洗剤は、特に日本で買うのと変わりません。

ユニリーバの洗剤を見ると、日本で売られているものとは違いますが、ちょっと安心しますね。

もちろん品質や使い勝手がいいのは日本のモノです。

洗濯洗剤は、粉洗剤のみで、「hand」と書いている洗剤は洗濯機に使えないので注意!

洗濯機壊れます。

 

物価上昇中

このブログを書いている間、何回かスーパーに行きましたが、

「あれっ、このオレンジジュース前回10GHCだったのに12GHCになってる!」

と値上がりが続いています。

お手伝いさんが

「クリスマスが近づいているから高いのよ」

と言っていましたが、いや、これは一時的な値上がりではない。。。

続きます。

 

(前の記事)ガーナの物価(野菜&フルーツ編)~とある駐妻のガーナだより3通目~

(次の記事)


スポンサーリンク