タイの賃貸契約で気を付けること&家賃相場~とある駐在妻のタイだより2通目~


 

駐在が決まって、まず最初に取り掛かる重要案件は、現地での家探しです。

異国の地で、分からないことだらけの賃貸契約。

 

日系の不動産屋さんが沢山あるタイでは、賃貸物件の情報は簡単に日本語で手に入ります。

ですが予備知識がちゃんとあるというのは、物件探しの近道です。

生活が始まってから後悔しない様に、まずはタイの物件の基本情報を押さえておきましょう。

こちらでは主に、私が駐在生活を送っているシラチャの情報を中心にお伝えしていきたいと思います。

 

タイの賃貸物件の分類

①コンドミアム

日本でいう、分譲賃貸物件です。

マンションの各部屋でオーナさんが異なり、基本的に個人の所有物であるお部屋を借りる物件です。

物件に不具合があった際や、要望がある時はオーナーさんに直接交渉します。

バンコクでは、家族帯同の駐在員の多くがコンドミニアムに住んでいます。

 

②アパート

日本でいう賃貸マンションです。

建物すべてがワンオーナーで、法人の所有であることが大半です。

バンコクでは、コンドミニアム同様、多くの駐在員家族が住んでいます。

ちなみに、シラチャにアパートはほとんどありません。

 

③サービスアパート(ホテルレジデンス)

アパートと同じワンオーナー(法人所有)の賃貸物件ですが、ホテルのようにお部屋の清掃やベッドメイク、タオル交換等のサービスが賃料に含まれた物件です。

シラチャで最も多いのが、このタイプです。

ホテルレジデンスは、ホテルと同様のサービス(ルームサービスやコンシェルジュなど)が利用できる「住めるホテル」のことを指します。

 

④ムーバーン

壁で囲まれた敷地に数軒~数百軒の一軒家が建ち並ぶ、外国感あふれる物件です。

敷地の入口にセキュリティーゲートがあり、住民以外の立ち入りにはIDカードの掲示が必要なところもあります。

シラチャにはムーバーンに住む駐在員家族は多いですが、バンコクではほとんど居ません。

そもそも、バンコクの駐在員が多く住んでいるスクンビット地区にムーバーンは、ほぼありません。

 

タイの物件と日本の物件の違い

日本では賃貸物件の間取りは「2LDK」というように表記します。

広さの単位は㎡で日本とタイに違いはありませんが、㎡数でお部屋の広さを判断するのは、とっても危険です。

 

…というのも、タイで物件の間取りは「〇ベットルーム」と表記されます。

これはベットルームが2つという事で、「2LDK」と同じように考えてしまいますが、タイではベットルームとバスルームはセットであることがほとんどです。

 

つまり、2ベットルームには2つのバスルームがあるのです。

当然その分、部屋のスペースは狭くなります。

 

そしてタイの物件は、基本的な家具があらかじめセットされていることが多いです。

駐在員が住むような外国人向けの高級物件は、ベットルームにキングサイズのベットがドーンと鎮座しています。

日本のマンションのように機能的な収納や、動線を考え抜いたコンセント配置なんてことは期待もできません。

コンセントを差したら、ドアが開かない。なんてことも日常茶飯事です。

 

こういったことから、㎡数のみで物件を選ぶと、なかなか深い落とし穴が待ち構えていることが多々あります。

 

可能な限り内見をして、こんなはずじゃなかった…を回避しましょう。

 

間取り以外にチェックするポイント

①共有施設(ファシリティ)の内容

タイの物件にはファシリティと呼ばれる、共用施設が付随していることが殆どです。

一般的なファシリティは

・ジム
・プール

です。

他には、

・キッズルーム
・大浴場
・テニスコート
・サウナ
・ゴルフ練習場
・シアタールーム
・ライブラリー
・ミニマート

充実したファシリティは物件の魅力の一つでもあります。

是非物件選びの条件に加えてみてください。

 

②物件の所在地

そして、物件を選ぶうえで忘れてはいけないのが、物件の所在地です。

雨季があるタイ。

1年の半分以上はスコールが降ります。雨が降って困るのは、洗濯物が干せない事ではありません。

タイでは雨季に道が水没するのです…。

ひどい時は、膝まで埋まるような水位になったりします。その水は、何が含まれているのか考えるだけでも恐ろしい茶色いお水です。


水没地域というのは明確にわかっていて、毎年必ず水没します。

タイ政府も、下水工事をしたりとそれなりに対応はしているのですが現実問題、全く追いついていません。

 

物件によっては、水没して陸の孤島になってしまうこともあります。

気に入った物件に出会ったら、必ず不動産屋さんに雨季に水没しないかを確認しましょう。

 

③駅近、徒歩〇分は関係ない

日本では駅に近いというのは、大きなメリットで家賃にも反映されますよね。

ここ、常夏タイでは「駅から徒歩10分」はなんのメリットもありません。

バンコクは高架鉄道や地下鉄が時刻表がないくらい頻繁に走っていますが、そもそもシラチャ駅には1日に1本しか電車が来ません。

40度を超す気温のなか、歩道もないような道を10分も歩くのは自殺行為です。

 

特に小さなお子さんがいる方が、徒歩で移動できるような環境ではありません。

日本で当たり前に歩いていたスーパーまでの徒歩10分や、駅まで自転車で5分。というのはタイでは全く関係ないです。

 

更にシラチャは野良犬天国。

バンコクに居る人馴れした野良犬とは違い、群れをなして生活している生粋の野良犬たちが生息しています。

基本的におとなしいですが、私は駐在生活5年の間に3度ほど息が止まるほどの恐怖を、野良犬に感じたことがあります。

私が犬を飼っていて、匂いがするからなのか定かではありませんが、街中で沢山人が行き来している場所以外は乗り物に乗ってしか移動できません。

 

そのため、徒歩でどこかに行ける、というよりは移動手段が充実している物件を選ぶのが正解です。

コンドミニアムにシャトルバスがあったり、トゥクトゥクの待機場所がすぐ近くにある。

シラチャの足「ソンテウ」という乗り合いタクシーのルート上に物件がある、といったことが物件選びのポイントです。

 

家賃相場…(日本円は2019年2月為替参考)

単身者

スタジオといわれるワンルームか、1ベットルームに住んでいる人が多いです。

この場合お部屋の広さは30~50㎡が一般的で、家賃は3~5万バーツ(約10~18万円)の価格帯が大半です。

 

子なし夫婦、小さな子どもがいる夫婦

単身者に比べるとリビングスペースが確保されたような1ベットルームや2ベットルームを選ぶことが多いです。

お部屋の広さは45~80㎡程度。中には100㎡を超す広い部屋もありますが、全体的に広い部屋は築年数が古さに比例しています。

家賃は4~7万バーツ(約14~25万円)が相場です。

 

小学生以上の子どもがいる家族

子どもの年齢によって様々ですが、2ベット以上の部屋を選ぶのが一般的です。

お部屋の広さは60㎡以上で広いお部屋になると300㎡という物件も存在します。

家賃は5~10万バーツ(約18~35万円)と幅広く、それ以上を望む場合20万バーツ程(約72万円)の賃貸物件も存在しますが、駐在員でそういった物件に住んでいる、という話しは聞いたことがありません。

 

 

家賃相場は、バンコクとシラチャに極端な差はありません。

数年前はシラチャの方が、慢性的な物件不足によってバンコクより家賃が高いという不思議な現象が起きていました。

日本でいうと、表参道の3LDKよりも静岡の漁港近くの2LDKの方が家賃が高いというミラクルな時代がありましたが、ここ数年で劇的に物件が増えたので、シラチャバブルも終わりを迎えました。

 

契約書を交わす前に気を付けたい事

①口約束は絶対にNG

内見の際に出した要望や、修理箇所など話したことすべてを書面にする!位の気持ちで構えてください。

契約前は、オーナー側も借りて欲しいので、いいことばかりを言います。

「OK」と言われたことは契約書に明記してもらいましょう。

 

契約時に「壁に穴開けてOK」と言っていたのに、退去時に莫大な修繕費を要求されたなんてお話しもよく聞きます。

 

日本以上の契約社会なので、書面に残すことは非常に重要です。

 

②文面は面倒でもきちんと読む

当然ですが、契約書は外国語です。

基本的には英語で書類を用意してくれることが多いです。

読むのが面倒でも、細かい部分がはっきりわからなくても、とにかくきちんと目を通しましょう。

会社がすべての手続きを行ってくれる場合でも、可能な限り契約書の確認はした方がいいです。

 

③遠慮は不要

こんな細かい事言わない方がいいかな…。

このくらい言わなくてもわかってくれるかな…。

 

駄目です!!はっきりと口に出して伝えましょう。

 

空気を読むのは、日本人の美徳ですが外国での契約事項は主張してナンボです。

気になっていることは、遠慮せずに全て言いましょう。

 

まとめ

「タイの賃貸契約で気を付けること」をご紹介してきましたが、具体的に賃貸契約のイメージは出来ましたか?

慣れない海外生活で、気に入った家に住むことはとても重要です。

文句がない物件に出会う事は、日本の基準で考えると難しいですが、できる限りのお気に入りに出会えるように、ぜひこの記事をお役に立ててください。

 

(前の記事)働けない駐妻生活への不安…~とある駐在妻のタイだより1通目~

(次の記事)タイで家を借りる時にチェックするポイントはここ!~とある駐在妻のタイだより3通目~