日本記録更新!!サニブラウンの現在の強さに驚愕。年齢・国籍はどこ?

桐生祥秀に続く日本人2人目の9秒台はなんと20歳のサニブラウンでした。

今回は、次々と記録を塗り替えていく今一番勢いがある陸上界の新星サニブラウンについて紹介したいと思います。

サニブラウンとは?

  • 名前:サニブラウン・アブデル・ハキーム
  • 国籍:日本
  • 出身地:福岡県
  • 生年月日:1999年3月6日
  • 年齢:20歳(2019年6月6日現在)
  • 血液型:O型
  • 身長/体重:188cm /78kg
  • 高校:城西大学付属城西高校
  • 大学:フロリダ大学

自己ベスト

  • 100m:9秒97(2019年)日本歴代1位
  • 200m:20秒03(2019年)日本歴代2位
  • 60m:6秒54(2019年)日本歴代1位タイ

名前に日本語が入ってないけど国籍はどこ?家族は?

サニブラウンハキームは父親はガーナ人母親は日本人のハーフになります。

そして、7歳年下のサニブラウン・アブデル・ハナンというがいます。

ハキームは「賢い」という意味があり、アブデルには「司る人」という意味があるようです。

弟と同じ「アブデル」がついているため母親には「キーム」と呼ばれているようです。

弟も陸上をやっていて大会で優勝経験もあることから、お兄ちゃんと同じく近い将来が楽しみですね。

サニブラウンは福岡県出身で国籍は日本になります。

陸上を始めたきっかけは母親?

サニブラウンの母親は明子さんといいます。

元陸上選手で100mと100mHでインターハイに出場したほどの実力があるバリバリのスプリンターです。

サニブラウンはサッカーをしていた父親の影響もあり幼少期はサッカーをしていました。

そんな母親がサニブラウンに「団体競技は向いてない」という理由で陸上を勧め、小3の時に陸上に転向しました。

ちなみに現在、100m日本歴代1位のタイムを持つ桐生も小学校時代は同じサッカーに打ち込んでいました。

ボルトを超えた?金メダルも夢じゃない!

なんと2019年に入って着々とベストを更新しているサニブラウンは、100m・200m・60mで日本歴代2位・3位・1位タイと記録更新の勢いが止まりません。

サニブラウンが大々的に注目されるきっかけとなったのが、2015年7月の世界ユース陸上選手権大会です。

当時サニブラウンは高校2年生でした。

100mと200mに出場したサニブラウンは

  • 100m:10秒28(大会新記録)優勝
  • 200m:20秒34(大会新記録)優勝

というなんとも輝かしい記録を残し2冠を達成する偉業を成し遂げました。

この200m20秒34という記録は、人類最速のスプリンターと評されたウサイン・ボルトが2003年に出した大会記録20秒40を塗り替えたことになります。

当時のウサイン・ボルトが17歳、この時のサニブラウンは16歳。ボルトを超えたといっても過言ではないような気がします。

この後、ボルトは2004年に17歳にして20秒を切る19秒93をたたき出しました。

現在、サニブラウンの200mのベスト記録が20秒13。20秒台を切るのもそう遠くはない未来のように感じます。

100mでは、2005年18歳のボルトが世界陸上で8位、2017年18歳のサニブラウンは世界陸上で7位。

この3年後の2008年北京オリンピックでボルトは世界新記録を出しています。

2017年の3年後は2020年東京オリンピックが開催されます。

21歳のサニブラウンはどんな記録をたたき出すのか期待が高まるばかりです。

日本人2人目の9秒台!歴代2位9秒99!!

現在フロリダ大学に進学しているサニブラウンは米大学軟投地区選手権に出場し決勝で9秒99(追い風1.8メートル)で優勝しました。

これにより桐生の9秒98に続く2人目の9秒台の日本人選手となりました。

20歳2ヶ月での9秒台は世界で歴代6位の年少記録となります。

ボルトが初めて10秒台を切ったのが21歳8ヶ月の時であり、サニブラウンのレベルが世界的に見ても圧倒的な強さを誇っていることが分かります。

 

再び9秒台!サニブラウン9秒96(追い風参考記録)全体2位で決勝進出!

2019年6月5日(日本時間6日)に米テキサス州オースティンで全米大学選手権が行われています。

100mに出場したサニブラウンは準決勝で9秒96をマークしました。

しかし、追い風2.4mだったため公式記録にはならず参考記録でした。

全体2位で7日(日本時間8日)に行われる決勝に進出することになりました。

サニブラウンは「スタートが全然出られなかったのがもったいなかった。結構、遅れたと思います。」とスタートが出遅れたのにも関わらずこのタイムは確実に次いつ9秒台が出てもおかしくない、ましてや日本人で9秒台を出すのが日常になってしまうような感じもします。

7日に行われる決勝で再び9秒台さらには記録更新も大いに期待できますね!

とうとう日本記録更新!100m日本歴代1位の9秒97!

7日に行われた全米学生選手権男子100m決勝で、9秒97(追い風0.8m)の日本新記録をマークし3位という素晴らしい結果を残しました。

この記録は桐生の持つ9秒98を0秒01更新し日本歴代1位の記録となります。

あまりにもスムーズすぎる記録更新の連続、日本新記録。事実、この4年間でサニブラウンは100mの記録を0秒31も縮めています。

日本人がずっと言われ続けていた10秒の壁を桐生が破った1年9ヶ月後、サニブランはすんなりとその壁を超え、さらには9秒台をこの短期間で2度も叩き出し記録を更新しました。

素晴らしい偉業を達成したにも関わらず、ここからがサニブラウンの実力発揮のスタートとなるような感じがします。

また、サニブランは4×100mリレーで2走を走り37秒97というあまりにもレベルの高い学生記録で優勝した後の100m決勝で日本記録を出しました。そのわずか45分後に行われた200mでは日本歴代2位の20秒08で3位となりました。

1時間半の間に3本のレースを行い、すべてしっかりと結果を残しています。体力までも驚異的すぎます。

ちなみに、日本の男子400mリレーの日本記録が37秒60であり日本の学生記録が38秒54です。

そのことを考えると、この学生チームでオリンピックの決勝も十分狙える実力ということになります…

サニブランの所属しているフロリダ大学は凄まじい強さだということがわかりますね!!

世界レベルは。サニブラウンは世界で戦えるのか。

今回、サニブラウンが日本新記録を出した大会は全米学生選手権であり学生が集まる大会です。

日本でトップスプリンターとなったサニブラウンですが、世界大会は学生だけの大会ではありません。

世界と戦うとなるとやはりまだレベルが違いすぎるのでは?と思う人もいると思います。

では、実際どうなのでしょうか…

選手のコンディション、競技場、大会の種類によってタイムの出やすさは変わっては来ますが、今回日本新記録を出した全米学生選手権のレースを見ると、サニブランが個人で世界で十分に戦える強さであることが分かります。