1番持続する炭酸水のメーカーはどこ?開封した炭酸水を比較してみた

最近、美容や健康のために水の代わりに炭酸水を飲む人が増えています。そのため、コンビニやスーパーでブランドごとに独自の炭酸水が発売されており、炭酸水の種類の多さにどれを買おうか迷うこともあるかと思います。

炭酸水は、美容や健康・料理や割材など様々な用途で使用されますが、なかなか1本飲みきれなかったり、使いきれなかったことありませんか?

そこで、1回開封した炭酸水で翌日になっても炭酸力の持続が長いメーカーはどこの商品なのか検証したいと思います。

炭酸力は何で決まるのか?

 

そもそも炭酸とは二酸化炭素が水に溶けると、一部の二酸化炭素分子は水の分子とくっついて炭酸になります。この炭酸を含んだ水が炭酸水となります。

まず、炭酸水には3つの種類があり大まかに

  • 『天然炭酸水』
  • 『天然水炭酸水』
  • 『人工炭酸水』

の3つに炭酸水に区分することができます。

1つ目に『天然炭酸水』とは取水地の天然水自体が自然に発泡している水で、最もナチュラルな炭酸水です。取水地によって水の特徴が変わってくるので味が異なります。

2つ目に『天然水炭酸水』とは天然水に炭酸を人工的に加えて、炭酸水にしたもので天然水自体に含まれるミネラル分で味が変わります。

3つ目に『人工炭酸水』とは工業的に生成した純粋に炭酸を加えたもので、おおくはミネラル分は含まれていません。健康のためというよりはダイエットや割材に向いています。

 

身近なコンビニ・スーパーで買える炭酸水紹介

 

今回比較する炭酸水は、以下の5種類です。

 

商品名商品画像ブランド種類硬度特徴
SODAVマークバリュープラス人工炭酸水軟水 
STRONG THE TANSANコカ・コーラ人工炭酸水軟水クエン酸・リン酸含む
南アルプスSPARKRINGサントリー天然水炭酸水

軟水30度

甲斐駒ヶ岳の麓から汲み上げた本格派天然水を使用。
WILKINSON TANSANアサヒ人工炭酸水軟水日本生まれの強炭酸。井戸水と河川水を工場でミネラル分を適度に残した濾過水。
WILKINSON EXTRAアサヒ人工炭酸水軟水脂肪の吸収を抑える機能性表示食品で食物繊維が含まれている。

 

開封した直後の炭酸水を飲み比べてみる

 

1.SODA(Vマークバリュープラス)

開けた瞬間勢いはなく、気泡もあまりたっていない。飲んだ感じは喉に刺激がある細かめな炭酸。

2.STRONG THE TANSAN

開封すると気泡がパチパチと音を立てるほどの勢い。飲んでみると、喉を刺激するタイプの炭酸水。強炭酸かと言われるとそこまでではない。                                                                 

3.南アルプスSPARKRING

開封時、プシュっと勢いがある。炭酸の強度は強すぎない。キメが細かく、爽快感のある空気を多く含んだ炭酸。

炭酸力の持続が長い。天然水炭酸水のため、水の風味ががする。

炭酸水だけで飲むには飲みやすいが、ミネラルの味を感じるため無味を好む人は苦手な人もいると思われる。

4.WILKINSON TANSAN

炭酸の強度が強く、飲むと舌や喉の奥に刺激が強い。

炭酸の気泡が大きく荒く感じる、開封時は炭酸に勢いがあるが炭酸が抜けるのが早いと感じた。

5.WILKINSON EXTRA

ウィルキンソンの炭酸よりは炭酸のキメが細かく感じた。炭酸の強度は気持ち弱くなっていると感じた。

1口目から、炭酸に味がした。原材料的には、食物繊維として難消化性デキストリンが入っている。

ウィルキンソンの炭酸とエキストラは全く異なる。

1回開封した炭酸水を翌日開封して炭酸が1番持続しているのはどれか

 

5種類の炭酸水を翌日に飲み比べた結果、1番炭酸の強度が持続していると感じたのは…

サントリーのスパークリングです!

翌日開封しても、見るからに炭酸の勢いがあり飲むでみると、炭酸と水が合わさったジュワジュワする感じがあり1日目と変わらず炭酸が抜けた様子は感じられませんでした。

一方で、意外に思ったのがウィルキンソンの炭酸は見た目の様子的には炭酸の勢いはあるのですが飲んでみると口に入れてから炭酸が持続せず少し炭酸が抜けた感がありました。

強炭酸で有名なだけに炭酸強度が一番持続するのではないかと思っていたので意外でした。

 

炭酸を飲み比べてみて感じたこと

 

まずメーカーごとに

  • 炭酸の味
  • 強度
  • キメの細かさ
  • キメの粗さ

が全くと言っていいほど異なっていました。

炭酸の強度が強いと爽快感は味わえますが、口に入れた時の刺激が舌や喉に強いため飲みづらさがありました。

一方で、炭酸の強度が弱いと炭酸は持続しないのでは無いかと予測していたのですが、強炭酸でなくても翌日になっても炭酸力は持続していると感じたものがほとんどでした。

個人的には、炭酸のキメが細かいほうが上品な飲みやすさがありました。

炭酸水を少しでも長く持続させる方法

 

①空気が入らないようにする

蓋を開けてしまうと大気圧で、炭酸水から炭酸ガスが抜けてしまいます。

そのため炭酸水を飲んで減った分の空間がなるべく小さくなるように、ペットボトルを押して圧縮させた状態でしっかりと蓋をします。

 

②開封した炭酸水は横向きで保存しないようにする

横向きで保存することで液体と空気が接する面が広くなってしまい、炭酸が抜けやすくなってしまいます。

 

③逆さにして保存する

しっかりと蓋を閉めても一度開けたペットボトルを密閉することは不可能であり、炭酸ガスが蓋の隙間から抜けてしまいます。

逆さにすることで底の部分に期待が集中し漏れにくくなります。