陸上の世界記録がいかに凄いのかいろんなもので比較してみた!!

陸上競技で「大会記録更新!」って言われても、「100m9秒98!」って言われても、「0.01秒ってそんなタイム変わるの?」って思う人って沢山いると思います。

そこで、今回は陸上の世界記録がいかに凄いのかいろんなものと比較しながら紹介したいと思います!

男子

100m

ウサイン・ボルト 2009 9秒58

100mの中でもウサイン・ボルトのこのずば抜けた速さは誰もが知っていると思いますが、ではどれぐらい凄いのか!?

トップスピード・・・もっともスピードが出ていた付近、最高速度

ボルトのトップスピードは70~80m辺りでなんと「秒速12.5m」、「時速45km」なんです!

50cc以下の原付バイクは最高速度が時速30kmとされています。

なので、原付バイクよりも圧倒的にボルトが速いのです!

ボルトが原付に乗ったら相当遅く感じるのでしょうね!

200m

ウサイン・ボルト 2009 19秒19

400m

マイケル・ジョンソン 1999 43秒18

400m走は究極の無酸素運動と言われています。人がペース配分をせずに全速力で走りきれる距離が300mまでと言われてます。

なので400m走の残り100mは、ほぼ酸素を体に取り入れずに筋肉に蓄えた糖質をエネルギーに変えて走っているんです。もはや最後は、気力で走っています。400mのゴール直後、倒れ込む選手が多いのはそんな理由があります。

400mは、トラック1周ですが男子のトップ選手は1分もかかりません。他の競技でどのくらいなのか比較してみると...

  • サッカー:コートの端から端まで2往復
  • テニス:コートの長い方を8.5往復
  • 野球:3回ホームまで戻ってきてから3塁まで

この距離を1度も止まらずに走りきるのが400mという種目です。

この距離を1度も止まらずに100mを走るスピードで走りきれますか??

110mH

アリエス・メリット 2012 12秒80

男子110mHのハードルの高さは、なんと106.7cmあるのを知っていましたか?

106cmといわれてもいまいちピンとこないかも知れませんが、テニスコートのネットを想像してみてください。

テニスコートのネットが107cmあります。110mHでは、それをハードルの間をわずか3歩でまたいでいるんです!

400mH

ケビン・ヤング 1992 46秒78

走幅跳

マイク・パウエル 1991 8m95

 

三段跳

ジョナサン・エドワーズ 1995 18秒29

走高跳

ハビエル・ソトマヨル 1993 2m45

棒高跳

セイゲイ・ブブカ 1994年 6m14

砲丸投

ランディー・バーンズ 1990 23m12

円盤投

ユルゲン・シュルト

ハンマー投

やり投げ

1500m

5000m

10000m

3000m障害