【ニキビパッチ】日本で買えるゼロスポットパッチでもうニキビに悩まされない!

韓国では、主流となっているニキビパッチですが日本でもただのシールではなくニキビに効果のあるニキビパッチが販売されているのを見かけるようになってきました。

そこで今回は、日本製の「Zero spot patch」を紹介したいと思います。

ゼロスポットパッチ

このゼロスポットパッチは、ニキビ用というわけではなくニキビ跡シミくすみがある部分に貼ってその部分をカバーするという役割のパッチだそうです。

特徴

  1. 通気性が良い
  2. 保湿力が高い
  3. 水に強い
  4. 外気から守る
  5. 密着力が高い

といった5つの特徴があげられています。

内容成分

ゼロスポットパッチには3つの成分が配合されています。

  • ビタミンE(酢酸トコフェロール)
  • ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)
  • 銀(肌コンディショニング剤)

パッチの種類

10㎜が30パッチと12㎜が24パッチの合計54パッチです。

実際に使ってみた!

実際に使ってみました!

まず、チャック付きの大本の袋を開けると

  • 10mmが15パッチ×2袋
  • 12mmが12パッチ×2袋

が密閉され入っています!

割としっかり密閉されています。

袋から取り出すと、プラスチック素材にパッチが貼られており切り込みが入っています。

この切り込みは離れるので、パッチを使う時とても取りやすい仕組みになっています。

実際に貼ってみるとこんな感じです。

真ん中部分が少しふっくらしていて、パッチ周辺は薄くなっているのであまり貼ってる感は目立ちません。

赤みのニキビで目立つくらないなら、パッチで隠してしまった方が全然良いなって思いました。

使用方法は、3時間から12時間程度貼ったままにすると書かれています。

私は、寝る前にニキビに貼りました。

朝起きるとパッチ部分がぷっくり膨れてていました。

ビタミンCが含まれているのでニキビに効いている感じがしました。

まとめ

今まで使ってきたパッチだと、ただ外気から保護するためだっり、シールの粘着力が弱かったり、逆に粘着力が強すぎたりなどがありました。

このパッチは、翌朝までしっかり貼られていました。

剥がすと、シールが伸びる感じに剥がれるので痛みはありません。

化粧水や乳液を塗らずに洗顔後、水気をとったら貼るだけでいいので二キビができても余計なことをせずとても楽です!

貼ってしまえば、ついつい触ってしまうこともないので悪化しないところもポイントです。

ニキビ自体にも変化が出ていたので、ニキビができたらすぐこのパッチを使うようにしています。