簡単に低温調理ができる「マスタースロークッカー SOVDCOOK」が話題【2019年最新版】

「低温調理器」が今、流行っています。

ゆっくりじっくり火を入れる事で「うまみ」を閉じ込め家庭でお店のような美味しい料理が食べられます。
見た目もおしゃれなものが多く、インスタを中心としたSNSでも数多く投稿されています。

低温調理って何?

低温調理法とは…通常の調理よりも低い温度(約65~75℃程度)でゆっくりと火を入れる事によって、水分が逃げにくくうまみが封じ込められて美味しく仕上がる調理法のこと。
参照 https://www.biccamera.com/bc/item/3806839/

低い温度でじわじわとお肉や魚を熱する事で「うまみ」を閉じ込め、普段の調理よりも美味しくなるのです。
ローストビーフ、チャーシュー、鶏肉などに使用すると、違いが一目瞭然です。

マスタースロークッカーの商品詳細


楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

温度・時間管理

低温調理で一番難しい、温度を一定に長時間保つ。これをこの商品がちゃんと管理してくれます。いちいち温度計で測ったりする必要もなし。0.1℃から細かく設定ができます。火を使わない調理なのでずーっと見ていなくてもタイマーが終了時間をお知らせしてくれます。

スペック

商品名 簡単に低温調理ができる「マスタースロークッカー」 SOVDCOOK
型番 SOVDCOOK
メーカー サンコー
仕様 サイズ:幅90×高さ360×奥行160 (mm)
重量:1124g
付属品:本体、ハンディ真空パック器、クリップ、日本語説明書
電源:ACより給電
入力:AC 100V 50/60Hz
設定温度:25~99度
設定時間:1分~99時間59分
電源コード長:120cm

レビューと評価

水を張った容器にこれを固定して
温度と時間を設定する(横のダイヤルでします)
そしてスタートボタンを押すだけという簡単操作です。

水温が設定温度に達するとピピピと音が鳴ると同時にタイマーが作動するのでそこだけ注意です。
食材を入れるのが遅くなるとその分調理時間が短くなってしまいます。

調理が終わると電子音と共に加熱が切れます。
参照 ビックカメラ商品レビュー

手間はかからないのに男の僕でもとてもおいしく出来上がります。
安い肉が柔らかくおいしくなるので感動します。料理のレパートリーも広がります。
調理器はいろいろ買いましたがこれは革命!買ったほうが良いです。
参照 ビックカメラ商品レビュー


楽天で購入する
Amazonで購入する